Types of autodoor

自動ドアの種類

自動ドアには開閉方式、駆動方式、検出方式、用途、取付方法などの区分があります。

■開閉方式
引き戸、開き戸、折り戸、回転ドア など
■駆動方式
電気式、空圧式、油圧式
■検出方式
マットスイッチ、反射スイッチ、音波スイッチ、熱線スイッチ など

■用途
ビルフロント用、ストアフロント用、産業、医療用、門扉用 など
■取付方法
無目内蔵取付、無目表面取付、床埋設取付 など

Merit

自動ドアにするメリット

昔に比べ現在では、自動ドアが設置されている場所が増加しています。生活、活動を快適にしたいという社会のニーズを受け需要が高まった結果でもあります。手動ドアから自動ドアに取り換えることにより利便性の他にもさまざま付加機能も搭載され、メリットもたくさんあります。

メリット1 利便性

大きく重いドアを自動ドアに交換することで、自動で開閉させることができるので、両手に荷物を抱えた人やカート(台車)での通行時もハンズフリーで通行できます。商業施設や宿泊施設、公共施設などのお客様の多い施設では、利便性向上のために自動ドアが積極的に採用されています。

メリット2 バリアフリー

高齢者・障がい者など、多くの人が円滑かつ快適に施設を利用するために自動ドアは欠かせない設備です。最近では、自治体や公共交通機関主導で駅など公共性の高い建築物における多機能トイレ(車いす使用者用トイレ)への自動ドアの設置が促進されていています。
車椅子やベビーカーの通行もドアを手で押さえる必要がなく、スムーズな通行が可能になります。

メリット3 省エネルギー

出入り口を自動ドアにすると、ドアが開放状態にならないため、冷暖房した空気の外部流出を防止し省エネルギーに貢献します。同時に、外部からの風雨や騒音、塵・埃の侵入を防ぎ、室内環境を快適に保つことにも繋がります。

メリット4 衛生管理

手を使わずにドアの開閉ができるため、衛生管理が必要な病院や食品工場などでは自動ドアは欠かせない設備です。気密性の高い自動ドアにより、室内側の気圧を高めることで塵・埃の侵入を防ぐことも可能です。

介護のための自動ドア

最近はご自宅で家族の介護を行うケースも増えてきたことから、自宅の引き戸や扉を自動ドアに変えたいというニーズも増えてきました。
例えば、車いすの家族が一人でいる時に扉の開け閉めが困難な場合は、介護のために自動ドアにする、といった方法も選択肢として出てくるでしょう。
サンショウでは、もともと扉や引き戸だった場所を自動ドアにカスタマイズするような難しい注文も受け付けています。

介護保険制度で後付け自動ドアを設置

例えば、普通の家庭用のドアに「自動ドア動力部」そのものを後付けすることで、自動ドアにしてしまうことができます。
自治体によって条件が違いますが、介護のためにドアや建具を改修して「ついでに自動ドア化したい!」 とお考えの場合には、普通の家庭用ドアを自動ドアにカスタマイズする費用を介護保険制度を適用して、最大18万円の給付金が受け取れるケースもあります。
自宅のバリアフリー化を図ることで、誰もが生活しやすいお家造りをしませんか。

※高齢者住宅改修費用助成制度の詳細は、各市町村窓口までお問い合わせください。

Important Point

設置・取付の注意点

自動ドアを設置・取付を行う場合、注意点がいくつかあります。設置予定の場所が注意点の内容に一致しているようでしたら、改善する必要があります。何人もの人が今後使用していく自動ドアです。 設置前に注意点をしっかりと確認、改善した上で設置作業を行うことが大切です。

注意点1
自動ドアの「戸袋」に安全対策

「戸袋」とは、自動ドアが開いた時に移動する領域のことです。自動ドアが開いた時に、小さい子供が挟まれる危険性があります。そのため、最初から戸袋に入れないように、防護柵やガードフェンスを設置すると効果的です。

注意点2
設置場所の前や周りの環境確認

例えば自動ドアのすぐ前が道路の場合は、子供が道路へ走って飛び出す危険性があります。そのため、防護柵を立てるなどして、子供が道路へ出られないようにする必要があります。特に多いのが、個人宅で道路に面した場所に学習塾などを運営されている方です。

注意点3
自動ドア付近の段差・スリップ

特に高齢者の方が自動ドアを通ろうとしたときに、段差に気づかず転倒して自動ドアにぶつかることが多々あります。また雨の日は滑りやすく、スリップして自動ドアに衝突してしまうこともあります。自動ドアを設置する際に段差がある場合は、取り除く工事も同時にしておくことをおすすめします。雨の日に滑らないようマットを敷くのも効果的です。

安全で快適に使用するためのお手入れ

自動ドアをいつまでも安全で快適にお使いいただくには、保守契約をしていただくとともに、ご自分でできる次の日常の清掃とお手入れをすることが大切です。日常のお手入れをすることは自動ドアの寿命を長くし、利用者様の安全を守るためでもあります。
突然のトラブルで困らないようにお客様自身でこまめにメンテナンスを行いましょう。
※自動ドアのお手入れをする場合は、必ず電源を切ったうえで清掃してください。

自動ドア周辺の清掃

外部に面した設置場所では、とりわけ落葉時期や暴風雨の後など、ドアの軌道となる部分(とくにガイドレールの溝など)のゴミを掃除してください。

サッシの清掃

・普通の汚れおよび手あかの場合
中性洗剤を含ませた柔らかい布で拭き取り、乾いた布で水気および洗剤を拭き取ってください。

・落ちにくい汚れや油性の汚れの場合
アルコール・ベンジンなどで拭き取り、乾いた布で水気を拭き取ってください。

※アルコール・ベンジンなどを使うときには、サッシ表面の材質によっては影響が現れることがあります。

各種センサーの清掃

センサーの検知窓にほこりなどが付着すると、センサー感度が鈍くなり不具合の原因になる恐れがありますので、センサーが汚れた場合は、すぐにきれいな乾いた布で拭き取ってください。
センサー部分を柔らかい布なのでキレイにしていただくことで、本来の性能を取り戻せることがあります。

※センサーの取り付け角度が変わると検知範囲が変わりますので動かさないように注意してください。

ステンレスやアルミニウム及びガラス部分の清掃

通常は表面を水拭き後、乾拭きで水分をしっかり拭き取ってください。水拭きで取れない汚れの場合は、中性洗剤を1~2%に薄めた水溶液にひたし固く絞った布で拭いたあと、よく水拭きをして充分に乾拭きしてください。

※水洗いするときは、電源部分に水がかからないように注意してください。

日常のチェックポイント

確認項目 対処方法
自動ドア表示ステッカー、警告表示ラベルがよく見えますか 電源スイッチを切って取り除いてください
センサー、ドアサイドビームの表面が汚れていませんか 電源スイッチを切って取り除いてください
センサー検知エリア内に障がい物がありませんか 電源スイッチを切って清掃してください
ガイドレールに小石、落葉など異物がありませんか 電源スイッチを切って清掃してください
エンジン内部からの異常音やサッシとの擦れ音がありませんか 修理が必要です
修理会社に連絡をしてください
センサーの検知範囲が変わっていませんか 修理が必要です
修理会社に連絡をしてください
ドアの開放時間、開口幅、開閉速度が変わっていませんか 修理が必要です
修理会社に連絡をしてください

もしかして故障?

普段の点検やお手入れをしているのに自動ドアの調子が悪い。もしかしたら故障しているのではないか? 故障が疑われるようでしたら、まずは下記の対処方法を行ってみてください。
調子が悪い=故障とは限りません。
対処方法を行っても症状が改善されない場合は、故障の可能性が高いです。その際は当社にご連絡ください。状況をお聞きして、修理をするため現場までお伺いいたします。

症状その1
手動でもドアが動かない
原因
1.自動ドア用電源スイッチが切れている
2.鍵がかかっている
3.ドアに障害物がひっかかっている(ガイドレールの凍結)
対処方法
1.電源スイッチを入れる
2.鍵をあける
3.障害物(敷マットなど)を取り除く(凍結部を温湯で溶かす)
症状その2
開いたまま閉まらない
原因
1.ドア周辺で動いている物をセンサーが検出し続けている(のれんや植木など)
2.センサーの検出窓・補助センサーのレンズに汚れがある
3.補助光電センサーのレンズに雪などが付着している
対処方法
1.検出物体を取り除く
2.センサーの検出窓・補助センサーのレンズを清掃する
3.雪などの付着物を取り除く
症状その3
扉が途中で止まるまたは閉まりきらない
原因
1.ドアに障害物がひっかかっている
2.下レールに異物がはいっている(泥・砂・小石・降雪など)
3.鍵(デッドボルト)が下りている
対処方法
1.障害物などを取り除く(敷マットなど)
2.異物を取り除く(泥・砂・小石・降雪など)
3.鍵(デッドボルト)を上げる
症状その4
扉から異音がする
原因
1.ガイドレール内にゴミがある
対処方法
1.清掃をして潤滑剤を噴く

それでも直らない時は修理いたします

対処方法を行っても直らない場合、やはり故障している可能性があります。故障なら早く修理しないと利用者の人に迷惑をかけてしまう、事故を起こしてしまうかもしれない、と焦るかもしれませんが、まずは落ち着いてください。
当社では365日、24時間いつでも電話での対応ができるように体制を整えています。お電話一本で現場まで駆けつけます。
自動ドアの修理のプロがしっかりと故障の原因を突き止め修理いたします。故障が疑われる点がありましたらお気軽にご連絡ください。

お電話でのご連絡:0120-821-086

メールでのご連絡はこちらよりご連絡ください。
メールでのご連絡には返信までにお時間がかかる場合があります。早急に修理が必要な場合もありますので、できるだけお電話でのご連絡をいただけると幸いです。

豆知識

対象エリア:東海エリア限定!
岐阜県・愛知県・三重県
※見積り時の出張費無料!!

豆知識
会社案内
お問い合わせ